業界記事

平成13年度当初予算案を内示、一般会計は前年度比1・9%増

2001-03-01

 那珂郡緒川村(内田善博村長)は平成13年度当初予算案を内示した。一般会計は29億5、300万円で、前年度と比較すると金額で5、500万円、率にして1・9%のプラス。同会計中の普通建設事業費も5億6、936万3、000円で6・4%の増額となった。主な事業では、緒川ダム関連地域振興対策事業として行うコミュニティセンター建設助成事業や総合運動整備事業のほか、林道開設および農道整備事業、村道整備など道路整備をメインに取り組んでいく。また、特別会計では、戸別合併処理浄化槽整備事業に6、490万円を新規計上、農業集落排水事業に2億1、000万円を盛り込んだ。
 コミュニティセンター建設助成事業は、緒川ダムの事業中止を受け、地域の整備計画づくりの一環として行うもの。
 建設地区には、本郷地区、吉丸地区が予定されている。
 総合運動公園整備事業は、農林水産省の中山間地域総合整備事業にのせて実施するもので、現在用地買収を進めている。
 現段階ではソフトボール場3面、野球場1面、サッカー場1面、200mトラックが取れる多目的広場の建設を構想。12年度の実施計画を経て13年度は実施設計の策定に着手する。
 農業集落排水事業は、平成12年度から管路工事に着手しており油河内地区において整備を進めている。
 事業期間は、平成15年度までの5か年で、管路の総延長は3、740mとなっている。
 処理場は、油河内地内の1、590㎡で、13年度中の着工を予定している。計画日最大汚水量は、75・9立方m/日になる見込みで、土木、建築、機械、電気等の工事を行う。
 また管路は、非補助分が延長130m、補助分が270mを着工する。供用開始は、平成16年度から。
 山間急傾斜地帯県単土地改良事業は、農道高岩線舗装(大岩)を延長243m、幅員4mで行うほか、同梶内線改良(那賀)を総延長580m(w4m)のうち150mの改良に着手する。
 主な建設関連事業は次の通り。
【補助事業】
▼合併浄化槽設置事業=1、003万5、000円
▼国補林道開設事業=7、080万5、000円
 ◇林道粟平馬打沢線開設(小舟、L300m、W4m)
▼消防施設整備事業=1、369万8、000円
 ◇防火水槽(40立方m級、3基)
【単独事業】
▼交通安全施設整備事業=193万5、000円
▼庁内LAN整備事業=872万円
▼コミュニティセンター建設助成=4、830万円
▼県単間伐事業及び間伐作業道開設事業=863万9、000円
▼小規模土地基盤整備事業=100万円
▼山間急傾斜地帯県単土地改良事業=5、625万円
 ◇農道高岩沢線舗装(大岩、L243m、W4m)
 ◇農道梶内線改良全体計画(那須、L580m、W4m、改良L150m)
▼県単林道改良事業=1、021万2、000円
 ◇林道三賀線改良(大岩、横断工2か所、W4m)
▼緊急地方道整備臨時交付金事業(L2、330m、W8m)=8、160万4、000円
 ◇村道吉田北田線改良(油河内、大岩、L200m、W8m)
▼地方特定道路整備事業=4、010万円
▼村単村道整備事業及び河川整備事業=9、770万円
 ◇村道吉田北田線改良(油河内、大岩)
 ◇吉丸小瀬沢線改良舗装(国長、吉丸、L320m、W8m)
▼公営住宅環境整備事業外=1、570万円
 ◇上野団地外部塗装工事(3棟)
 ◇高野下団地解体工事(10棟)
▼総合運動公園建設事業=4、625万円
▼体育館屋根塗装事業=366万円
▼中学校電気整備PCB対策事業=560万円
▼幼稚園屋根等改修事業=560万円
▼県営事業負担金(農免、崩壊対策)=787万5、000円
【農業集落排水事業特別会計】
▼油河内地内農業集落排水事業=1億6、822万4、000円
 ◇管路工事(13年度非補助分、L130m)
 ◇管路工事(13年度補助分、L270m)
 ◇処理場建設工事一式(補助分、土木、建築、機械、電気)
【戸別合併処理浄化槽整備特別会計】
▼合併浄化槽設置工事(40基)=6、490万円

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野