業界記事

堆肥化施設19年度から/白鳥園整備も、給食施設は20年/千曲市の3か年実施計画

2006-04-22

 千曲市の平成18~20年度実施計画が明らかになった。それによると生ごみ堆肥化施設建設(バイオマスタウン整備)や白鳥園・温泉利用型健康増進施設整備は19年度、学校給食施設建設は20年度の着手を予定している。
 中区に計画する堆肥化施設は、本年度に用地取得や環境影響調査を予定していたが、財政状況を理由に先送りを決定。PFIの導入も視野に実施方法を再検討する。稼動予定は22年度。実施計画期間内の事業費は8億5700万円。
 白鳥園整備は19~20年度に7億4000万円、学校給食施設建設は20年度に2億7900万円を見込んでいる。
 本年度着工する更埴西中学校改築は3か年総額21億2900万円を試算。事業は3期に分け計画しており、1期目はRC造2階建て延べ4050㎡の普通教室棟を建設する。発注は夏前に行う考え。延べ約3650㎡の管理・特別教室棟は、2期(20~21年度)、3期(22年度)と段階的に建設。23年度に周辺整備など付帯工事を行い竣工する。設計担当は宮尾設計。
 同じく本年度着工するサッカー場建設は4億4100万円、健康増進施設(~19年度)は3億2700万円を投じる。
 上徳間地区市営住宅は本年度の着工を1年繰り延べた。建設予定地は大西緑地公園の堤防道路を挟んだ向かい。戸数は20戸前後、階数は2階建て以内を想定している。基本設計担当は市川設計事務所。計画期間内事業費は1億5900万円。
 ほかに、県民グラウンド整備(20年度、1億1800万円)、戸倉小学校大規模改造(18~20年度、6億3400万円)、五加小学校大規模改造(18~20年度、5億7700万円)など。
 なお、年度ごとの見込み予算額は、18年度238億円(うち投資的経費46億6400万円)、19年度229億円(39億2100万円)、20年度233億円(同)。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野