業界記事

南木曽町の実施計画/大洞線や住宅、読書小等

2006-04-20

 木曽郡南木曽町は、平成18~20年度の実施計画をまとめた。これによると、計122件の事業計画について掲載されており、18年度事業については94案件のうち一部を含み82件について当初予算で対応している。
 19年度以降着手見通しの事業は、基盤整備で大洞線開設(事業費19、20年度に各1000万円)をはじめ、正兼線(同20年度に3300万円)や川向梛野線(同19、20年度に各3000万円)、大原線(同20年度に2000万円)の改良など。また、木曽川右岸道路開設についても、19年度から事業費1000万円で計画に組み込まれている。
 箱もの関係では、読書小学校の北校舎および給食室改築事業が19~20年度に、同校南校舎耐震補強等が19年度(事業費350万円)の計画とされ、北校舎等についての20年度事業費には2000万円が試算されている。さらに、20年度に5800万円を見込み公営住宅建設も見込まれている。
 このほか、重要文化財の林屋住宅修理(19~20年度)や、福祉関係で小規模ケア施設整備(19年度)とひだまり工房整備(同)、観光地整備事業(20年度)などが今後の事業として注目されるところ。
 公民館分館施設整備、障害者グループホーム、大山蘭簡水拡張は21年度以降に対応する方針だ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野