業界記事

水の落差で発電処理今月中に業者決定/ハイドロバレー計画

2006-04-20

 沼田市建設課は、ハイドロバレー計画調査事業を本格化させるため、当初予算に事業費96万2000円を計上。概略調査や流量測定等を実施する意向だ。
 計画では、柳町地内の滝坂川や横塚町を流れる新滝坂川の水の落差を利用した発電処理を行うもので、これまで国と連携し、調査研究を進め、16年度には、横塚町・柳町発電処理環境調査報告書を作成した。今後も実現に向けての検討を重ね、自家発電を基本とした小水路発電所を核に地域内のエネルギーを確保。加えて、地球温暖化への対策推進を図る。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野