業界記事

5~6月に入札を/大曽根児童館建設工

2006-04-22

 つくば市は、(仮)大曽根児童館建設工事の入札を、5~6月に行いたい考えだ。大曽根地内の筑南広域老人福祉センター「紫峰荘」跡地に、W造一部S造平家建て延べ560㎡前後で計画。解体工事から着手するが、工事件数や入札方法については未定。
 実施設計は(株)若?建築事務所(つくば市東)。工事予算に1億5695万円を確保した。
 この児童館は、市内18カ所目の施設として計画。地域の子供たちの遊び場、児童に関わる団体、個人等の活動の場としての用途を見込む。
 17年度9月補正予算では設計費を計上、(株)若?建築事務所に委託して実施設計を策定した。
 建設予定地は大曽根447-13。同地には、筑波地方広域市町村圏事務組合の運営する筑南広域老人福祉センター紫峰荘(昭和48年開設)が立地している。
 紫峰荘を解体した跡地に、(仮)大曽根児童館を建設する予定。
 施設規模は、東児童館とほぼ同程度のW造一部S造平家建て延べ560㎡前後。
 市初の試みとして、子育て支援や学童保育はもとより、高齢者利用の機能を盛り込んだ複合施設とし、老人福祉センターとしての用途を継承するもようだ。
 担当の子ども課では、5~6月にも工事入札を執行したい考えだが、解体工事、建設工事などを分離発注するかどうかは未確定。
 今年度当初予算には建設工事費1億5695万円、監理委託費300万円を事業費として計上している。
 菊地正彦

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野