業界記事

本体建築工を公告/双葉台小大規模改造

2006-04-22

 水戸市は、今年度から双葉台小学校大規模改造工事に着手する。本体工事は2期に分けて、まず北側校舎棟を対象に改造及び耐震補強工事を今年度の単年度で実施する。市は13日、建築工事に係る一般競争入札を公告、来月11日に入札を行い6月議会の承認を得て着工する。このほか、電気、機械(給排水、空調)設備や太陽光設備設置工事、給食室のガス工事を5月以降に指名競争入札で発注していく見通しだ。
 双葉台小学校は、双葉台5丁目地内に立地。敷地内には、北側の教室棟と南側の管理・教室棟の校舎棟2棟のほか、屋内運動場、グランド南側には開放学級用建物、プールなどの施設が併設されている。
 今回の大規模改造事業では、施設老朽化に伴い校舎棟2棟を対象に、大規模改造及び耐震補強工事を計画。
 本体工事は、今年度と平成19年度の2期に分けて、1期工事ではグランドに仮設校舎を建てた後に北側校舎の改造に着手する。
 工事概要は、北側校舎となる普通教室棟、RC造3階建て延べ2550㎡を対象に大規模改造を行うとともに、耐震補強工事として校舎内4箇所に鉄骨ブレース補強を施す。
 設計は、17年度に(株)柴建築設計事務所で策定した。
 市は今月13日、建築工事に係る一般競争入札を公告した。
 今後、建築格付A・総合数値818点以上の代表者とする2者JVを編成し、今月24日正午までに入札参加を申請。同27日に市は、入札参加者を決定し、各社に通知するとともに予定価格を公表。開札は、来月11日午後2時から予定している。
 工期は225日間としている。
 このほか、電気設備、機械(給排水、空調)設備、太陽光設備設置や給食室のガス工事に分離し、5月上旬以降にも指名競争入札で発注していく見通しだ。
 なお、事業費は、昨年度3月の補正予算に前倒しで3億6834万円を計上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野