業界記事

マイバスの充実図る/待合施設など検討

2006-04-22

 関東運輸局は、今年度の公共交通活性化総合プログラムの実施事業を公表した。
 同プログラムは、公共交通機関維持やサービス内容拡充等の課題などについて、検討の場を設置したり調査を行う制度。
 今年度の実施案件は、新規12件、継続4件の計16件。県内からは前橋市のコミュニティーバス見直し計画が採択された。
 前橋市では、中心市街地の活性化、公共交通の活性化、高齢化社会への対応対策のため、14年6月から市街地を走るマイバスを運行。3年以上経過し、さらなる中心市街地の活性化を図るため、検討委員会を設置して見直しを検討する。
 検討課題は、乗換(待合い)施設建設をはじめ、利根川西側地区へのバス路線新設、病院への延伸、立川町通り運行による逆回り路線、集客施設への乗り入れなど。
 委員会のメンバーは、市職員、学識経験者、バス・タクシー事業者、商工団体、福祉及び高齢者団体、県警、地域住民、関東運輸局群馬運輸支局などを予定している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野