業界記事

2カ年200棟が対象/木造住宅耐震診断事業

2006-04-18

 坂東市は、木造住宅耐震診断事業を実施する。18・19の2カ年で民間の木造建築物200棟の診断を進め、改修工事の必要性などを調査する。今年度予算には、木造住宅耐震診断費として321万9000円を計上している。
 これは、国の住宅・建築物耐震改修等事業を活用して実施するもので、民間建築物の耐震診断を実施して、老朽化した木造住宅の改修工事促進に努めようというもの。
 対象となる住宅は、昭和56年5月以前に建築された木造住宅。
 市では、18年度の診断目標棟数を100棟とした。また、来年度も同じく100棟の診断を予定している。
 今年度予算には、木造住宅耐震診断に要する経費として321万9000円を計上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野