業界記事

建築工は第2四半期/博物館常設展示室の改装

2006-04-18

 土浦市は、博物館の常設展示室をメーンとした改装工事を12月から行う方針だ。建築・電気・空調の3件分離で、うち建築を第2四半期に指名競争で発注予定。工事費6690万円を投じて、2階の常設展示室の間仕切りを可変式に改装するほか、1階に土浦城藩主「土屋家」の特設コーナーを設ける。実施設計は(株)丹青社。来年夏のリニューアルオープンを目指す。
 市立博物館(中央一丁目)は昭和63年、考古、歴史、民俗資料の施設として開館された。
 その後、考古学専門の博物館が上高津に開館。両施設に重複資料があることから、住み分けをするため市立博物館の常設展示室の改装を計画。実施設計を(株)丹青社で策定した。
 改装はRC造地上3階地下1階のうち、1階部分約100㎡、2階部分約390㎡が対象。躯体に手をかけない工事が主となる。
 2階の常設展示室の間仕切りを可変式にし、模様替えが容易なように改装。また2階には小中学生が調べ学習できる体験スペースを設ける。
 1階では、ロビーと旧展示室を一つの部屋として改装し、土浦城藩主「土屋家」の特設コーナーを設けるなど、近世江戸時代を中心とした展示とする。
 12月から着工で、これに係る工事入札は建築、電気設備、空調設備の3件を予定。
 うち建築工事は指名競争で第2四半期に発注、電気設備と空調設備はそれぞれ第3四半期に一般競争で公告されるもよう。
 18年度当初予算には工事費6690万円、施工管理委託費150万円が計上されている。
 このほか博物館では、空調設備工事としてエアーハンドリングユニット5台、ファンコイルユニット18台の改修が、第1四半期に一般競争で予定されている。予算には工事費990万円を確保した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野