業界記事

高機能舗装は80万㎡/18年度事業計画まとむ

2006-04-17

 東日本高速道路(株)関東支社は、18年度事業計画をまとめた。高速道路建設事業は、高速自動車道4道路124km、一般有料道路2道路113km、計237kmの新設事業を実施。高速道路管理事業では、80万㎡の高機能舗装化や橋脚耐震補強などを進めるほか、交通集中渋滞の緩和へ関越道の高坂SA付近、花園IC付近、本庄児玉IC、渋川伊香保IC、東北道は矢板ICの付加車線設置事業に着手する。
 高速道路管理事業は、東北道や常磐道などで80万㎡の高機能舗装化や強化型中央分離帯防護柵を整備。舗装率および整備率を約60%から約62%、約77%から約79%へとそれぞれ向上させる。
 交通集中渋滞の緩和するため、関越道で高坂SA付近、花園IC付近、本庄児玉IC、渋川伊香保IC、東北道の矢板ICの付加車線設置事業に着手する。
 このほか、防災対策として、関越道や第三京浜道路などで橋梁の補強を行い、約89%から約92%へと橋脚耐震補強率を向上。北関東道などでは、法面防災工事を実施する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野