業界記事

18年度は用買や測量/上青柳地区土地改良事業

2006-04-11

 石岡市は、耕作放棄地が増加する上青柳地区の農道・水路を整備するため、土地改良事業を今年度から3カ年で行う。全体事業費7000万円で、総延長850mの農道、120mの排水路をそれぞれ整備するもの。今年度は用地買収、測量、設計を進めて19年度からの工事に備える。
 上青柳地区の受益地は、畑2・4ha、水田4・9haからなる段差ある棚田地域。
 農道や水路が未整備で道幅も狭く小区画、不整形であるため大型の農業機械が使用できず、耕作放棄地が増えている。
 このことから土地改良事業を推進することで道路、排水路を整備し、優良農地として利用可能にして、営農経費削減、生産性向上、安定した農業経営を目指すもの。
 工事は、総延長850mで全幅員5mの農道のほか、排水フリューム(600×900)120mの排水路を整備する。
 うち農道は、第1断面の450mを砂利舗装し、第2断面の400mをアスファルト舗装する。
 排水路についても2個所を整備し、整備済み個所とを連結させる。
 工事完了後は、市と上青柳地区棚田保全整備事業推進協議会とで維持管理する方針。
 3カ年の全体事業費は7000万円で、このうち今年度当初予算には国県の補助費を含め1510万円を計上。
 今年度で用地買収、測量、設計を進め、19年度から2カ年の本工事に備える。
 なお工事は排水路整備から始められるもよう。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野