業界記事

建設工事の受注動態統計/総額は前年比27・4%増

2006-04-03

 国土交通省が大手50社対象の建設工事受注動態統計結果(2月分)をまとめた。これによると、2月の受注総額は9641億円で前年同月比27・4%増。2箇月ぶりの増加となった。
 民間工事は6937億円(前年同月比43・8%増)で2箇月ぶりの増加、公共工事は1720億円(同比12・5%減)となり2箇月連続で減少した。
 建設関連業の動態は、測量業50社の契約総額は43億円(同比0・5%増)、建設コンサルタント50社の契約総額は218億円(同比1・8%増)、地質調査業50社の契約総額は45億円(同比19・5%減)となっている。
 建築設計業務の動態は、実施設計に着手した概算延床面積は166万8000㎡(同比1・7%増)。このうち民間は158万3000㎡(同比4・8%増)、公共は8万4000㎡(同比35・1%減)となった。
 建設機械器具リース業50社は195億円(同比6%増)、重仮設リース業8社は67億円(同比9・7%増)、軽仮設リース業15社は73億円(同比10・8%増)となっている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野