業界記事

輸出産業と位置づけ/建設業の海外進出促進へ

2006-04-03

 国土交通省の「我が国建設業の海外展開連略研究会」は、報告書をとりまとめた。報告書では、建設業を日本を代表する輸出産業と位置づけ、日系案件依存からの脱却等を今後の方向性として挙げている。
 研究会は、国交省の担当者と有識者で委員を構成している。事務局は(財)建設経済研究所が務めた。
 報告書では今後の方向性として<1>日系案件依存からの脱却<2>現地ネットワークを構築した上でのグローバルな展開<3>企業の特性に応じた多様なビジネスモデルの確立‐を挙げた。請負のみによる展開から多様なサービスの提供主体へと事業の転換・発展を図っていくことが有効としている。
 海外展開の実現に必要な取り組みとして、建設外交の推進と建設業の国際競争力の向上を挙げている。建設外交では、政府間交渉を活用したビジネス環境の整備推進、ODA(政府開発援助)の積極的な活用等が重要としている。
 国際競争力の向上については、リスクコントロール強化に向けた体制の構築、業界におけるノウハウの蓄積・伝承、人材育成の取り組み等を検討していくべきとしている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野