業界記事

今秋から基礎工事/処理施設に着手

2006-04-03

 猿島郡境町は、農業集落排水事業境第4地区の処理施設建設工事に着手する。18年度は基礎工事を中心に進め20年度内に建築、機械及び電気設備まで完了させる。供用開始時期は、21年度からとなる。事業費については、今年度予算の境第4地区農業集落排水整備事業(交付金)処理施設建設工事費として1億2000万円を盛り込んでいる。
 境第4地区は宮戸川東部の稲尾、志鳥の2集落を対象としている。総人口は、約800人の規模。
 今年度は、処理施設の建設に着手する方針だ。稲尾地内に建設を進めていくもので、主に基礎工事を中心に今秋からの着工を予定している。
 工事計画としては、18・19年度で上屋の建設まで終えて、20年度で内部の機械と設備工事、試運転まで完了させる見通しだ。
 今年度は、処理施設の建設が中心となるため、管路整備は、昨年度の半分となる約700mの工事を計画している。
 事業費については、今年度予算の境第4地区農業集落排水整備事業(交付金)処理施設建設工事費として1億2000万円、管路施設工事費に1580万円を計上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野