業界記事

市民プールを増設/早期の発注めざす

2006-04-05

 常陸大宮市は、鷹巣地内に立地する市民プールの増設工事を今年度に単年度で実施する見通しだ。18年度当初予算には、工事費に8000万円を計上している。
 市民プールの増設工事は、既存の市民プールに、新たに児童プールを新設するもの。
 既存施設は、鷹巣地内の7000㎡の敷地に平成8年に建設。流れるプールをはじめウォータースライダー2台付きプール、飛び込み用の3・5mプール、ひざ下30cmの幼児用プールなどが整備された。
 これまで施設内には児童用のプールが未整備だったため、市民からの要望もあり増設が計画されたもの。
 児童プールの敷地面積は、1200㎡。規模は、20m×27m程度、水深60~70cmの変形プールを想定している。
 実施設計は、昨年7月に(株)柴建築設計事務所(水戸市泉町)に委託して策定した。
 工事は、できるだけ早期に発注し、今年度中に完了させる方針。
 なお、18年度当初予算には、工事費に8000万円を計上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野