業界記事

服部建築設計に委託/宝鏡山休憩所の設計業務

2005-11-15

 つくば市は、小田地内の宝鏡山休憩所の設計業務を服部建築設計事務所(つくば市小田)に105万円で委託した。登山者の休憩拠点として休憩所と駐車場を整備するための関連業務。設計期間は12月16日まで。文化財が確認されたことから着工時期は流動的だが、駐車場から発注していくもようだ。
 宝鏡山(小田地内)は、筑波山系の南端にあたる標高461mの山。登山愛好家らによって山頂まで6ルートが利用されているが、休憩する拠点施設が無いことから休憩所と駐車場を整備するもの。
 今年8月、休憩所や進入路の配置を決めるため、測量設計業務を(株)オグラ測量設計(つくば市小田)で行った。
 予算の関係上、休憩所はW造平家建ての延べ100㎡以内となるもようで、駐車場が年間1000台を想定した1000㎡程度となる見通し。
 工事は、車の乗り入れを優先させる必要があることから、駐車場を先に整備して、その後に休憩所を建てる計画。駐車場は砂利を敷く簡易舗装となる。
 だが、この土地一帯が小田城集落跡地の周辺であることから市では文化財調査を実施。その結果、柱跡などが確認され、現在も調査が進められている。
 試掘した内容によれば、重要文化財ではないことから記録保存のみの作業で済みそうだが、着工時期は流動的。担当課では来年度への繰越も視野に入れている。
 なお、今年度当初予算には休憩所や駐車場の工事費として約2000万円を計上。
 このほか市では、麓に散策路なども整備していく計画だ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野