業界記事

市単独事業での実施検討/交付金が不採択/早通保育園建設工事

2005-11-11

 早通保育園建設事業(改築)を計画する新潟市は、同事業が今年度の国の「次世代育成支援対策施設整備交付金」で不採択となったことを受け、市単独事業として早急に実施する方向で検討に入っている。
 同事業は、交付金不採択により約7100万円が不足している状況。担当の豊栄支所では新たな財源として合併特例債を充当したい意向であり、このほど合併建設計画を審議する豊栄地区地域審議会(小川竹二会長)でこの問題を協議した。
 審議会では、「(合併建設計画事業ではないが)最優先で取り組む必要がある」とし、他の合併建設事業を先送りにして早通保育園の建設に充当すべきであるという点で意見が一致した。今後、同審議会及び地域自治協議会の総意として市の財政当局に要望する予定。今年度内に着工した場合には、18年度までの2か年継続事業となる見通しだ。
 早通保育園は、既存施設の老朽化と地盤の不等沈下に伴い改築するもの。
 施工場所は、早通南1丁目9-7。敷地面積2045・04㎡。
 施設規模はRC造2階建て延べ950・57㎡、定員100名で計画する。
 設計業務は市内の(有)丸山建築設計事務所が担当。
 当初予算には、事業費3億700万円を計上。工事は建築本体、電気設備、空調設備、衛生設備の4分離で発注する見通しとなっている(建築本体工事は一般競争)。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野