業界記事

年度内に用地取得開始へ/県道茅野小淵沢韮崎線(青坂BP)着工は次年度以降

2005-11-05

 県土木部道路整備課は、県道茅野小淵沢韮崎線(青坂)バイパス整備の計画で、これまでに用地説明会等を開催、現在地元の調整にはいっており、年度内に用地買収に取り掛かる。同バイパスは韮崎市水神地内の青坂付近約1200m区間の道路改良を計画するもので、車道部分を拡幅、歩道を新たに設置し、七里が岩トンネル上で現在、ループしている部分にはバイパスを整備する計画。用地取得の進捗の状況により、来年度以降に着工可能な箇所から工事に着手したい考え。
 同バイパスの整備が計画されるのは韮崎市水神2丁目地内の国道141号から七里岩までを繋ぐ坂道の区間で通称「青坂」と呼ばれる区間。同区間は急カーブで、道幅が狭く、途中にあるトンネル部分の高さ制限が3・4mと低いことから、大型車などのすれ違いが出来ず、朝夕などのラッシュ時には渋滞が発生。このため県では同区間の道路改良を計画。七里が岩方面に現在、ループしながら上る部分については、ループをなくして直線的に繋ぐ道路を整備する。
 計画によると、道路の整備延長は約1200mで、同区間に車道6m、片側歩道3mの全幅10・5mの2車線道路を計画する。同バイパス整備に係る総事業費には約18億円を見込んでいる。
 なお、同道路詳細設計は日本工営(東京都千代田区麹町)の担当で完了。今年度は道路整備に伴う用地測量を東洋測量設計(甲府市中央)、一瀬調査設計(甲府市若松町)の担当。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野