業界記事

18年度に予備設計へ/渋川西BPサンコーで概略

2005-11-05

 上信自動車道(地域高規格道路)の一部区間として一般国道17号渋川西バイパスを計画している国土交通省高崎河川国道事務所は、昨年度に引き続き道路概略設計に着手するほか、今年度は周辺の環境調査も実施する。業務はサンコーコンサルタント(東京都中央区日本橋室町2-1-1電話03-3683-7111)が18年3月20日までの履行期間で実施する。
 同バイパスは、渋川市内の交通混雑解消と渋川・吾妻地域の連携及び活性化を支援する渋川市中村~同市金井(主要地方道渋川吾妻線)までの延長約5kmで、上信自動車道(地域高規格道路)に位置づけられている。昨年度から概略設計に着手しており、業務は建設技術研究所(東京都中央区日本橋本町4-9-11電話03-3668-0451)が担当した。今回、引き続き道路概略設計や環境調査などを実施し、道路の線形や構造物等の比較検討を行う。また、バイパス計画区間約5kmに加えて17号接続部までの子持村中郷周辺についても調査を実施する。
 18年度はこれらの比較ルート案を踏まえ、予備設計などを発注しルートの絞り込みに着手、早期の都市計画決定を目指す方針だ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野