業界記事

11月25日まで2次/バイオマス実証試験事業

2005-11-02

 NEDO技術開発機構は、「バイオマス等未活用エネルギー実証試験事業」の2次公募を開始、11月25日まで受付けている。地域において活用可能な未活用エネルギーの本格的な導入に向け、共同研究事業を行う事業者を募集している。
 共同研究対象者は、企業、地方公共団体、公益法人、大学などの法人。
 費用負担割合は、NEDO側が対象経費の二分の一を負担。共同研究期間は、設備設置後原則4か年で、運転・保守データなどを収集する(設備設置は原則18年10月末日までに完了)。
 対象利用システム例として、バイオマスエネルギーシステムに関しては▽エネルギー変換システムとして、溶融ガス化等熱化学的変換技術による燃料化プロセス、メタン発酵等生物化学的変換技術による燃料化プロセス、その他新規性のある燃料化プロセス▽エネルギー利用システムでは、これらエネルギー変換システムによる燃料を利用した熱利用プロセス(コジェネレーションシステム)または発電プロセス(燃料電池を含む)、直接燃焼による熱利用プロセスなど。
 また、雪氷熱エネルギーシステムでは、公共施設などの冷房システムや、その他新規性のある冷熱利用システムを掲げている。
 提案書は、郵送または持参にて提出。提出先は新エネルギー技術開発部バイオマス実証事業担当(〒212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー18階)。公募要領は、NEDOホームページからダウンロード。
 関東地区の説明会は、31日の午後1時30分から、川崎日航ホテル12階「東の間」(神奈川県川崎市川崎区日進町1、電話044-244-5941)で行う。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野