業界記事

専門調査に着手/アスベスト疑い8施設

2005-11-01

 秩父市は、公共施設のアスベスト対策で現在、ハイメック(中央区、電話03-3297-3721)をコンサルに分析調査業務を委託している。9月議会の段階で6施設で専門的な調査を実施するとしていたが、廃校となっっている2小学校でも疑いがあることから、8施設が対象となっている。
 対象となるのは、アスベスト吹付けおよびアスベスト含有吹付けなど。8月に、目視および設計図面を基に実施した市有公共建築物(8年度以前竣工)調査で、市内8施設での使用あるいは使用の疑いがあることが判明したが、うち2施設は封じ込めによる対策済みとなってた。
 6施設に加え、廃校2校の8施設を対象に、専門的な成分分析、室内環境測定を行い、アスベストが確認されれば封じ込めなどの対策を講じることになる。
 対象施設は、日野田保育所、荒川東小学校、吉田高齢者生産活動センター、吉田総合支所機械室・議会事務局、勤労者福祉センター、秩父公設市場、廃校となっている旧上中尾小学校、旧光岩小学校の8施設。処置済みは、吉田中学校、影森公民館。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野