業界記事

黄綬褒章に関輝喜氏/測量業業務精励で/秋の褒章

2005-11-02

 平成17年秋の褒章受章者(11月3日発令)が発表された。本県の建設業関係者では、関輝喜氏(せき・てるよし、国土建設コンサルタント(株)代表取締役社長、(社)茨城県測量設計業協会副会長)が測量業業務精励として「黄綬褒章」に輝いた。伝達式は、11月16日(水)午前11時から国土交通省10階共用大会議室で行われる。
 受章について、関氏は「思いがけないことで、大変にありがたい。これも、社員1人ひとり、団体の1社1社のご支援によるもので、皆さんを代表していただくものです。学業を終えてから、この道ひとすじに頑張ってきて良かったと思います」と語った。
 関氏は、昭和20年4月6日生まれの60歳。学業終了から現在まで35年間以上にわたって測量設計業務に携わり、測量設計業の公共性や社会的使命を果たすとともに、多くの公共事業に参画して建設産業界の発展に大きく貢献している。
 氏は、昭和45年に茨城大学農学部を卒業後、(社)県建設コンサルタント(現(財)県建設技術公社)に勤務。その後、陽光建設コンサルタント(株)での勤務を経て、昭和52年7月に国土建設コンサルタント(株)を創立し代表取締役社長に就任。
 個人としては、各種資格を取得するともに、平成3年には県内業界に先駆けて技術士(建設部門・道路)の資格も取得。民間会社の技術者としての実践的経験を活かしながら、社員の育成や経営の安定化などを進め、社会資本の整備に努めてきた。
 団体では、平成6年5月から(社)県測量設計業協会の理事、平成10年5月からは副会長を務め、会員の融和と協調に努力するとともに、技術の向上や業界の社会的地位の向上に尽力している。さらに、平成10年2月からは県建設コンサルタンツ協会会長も務めている。
 これまで、社会保険庁長官表彰(平成12年10月)、国土交通大臣表彰(平成16年7月)を受賞している。住所は那珂市後台。
 県内のその他の主な褒章受章者は次のとおり。〔◇氏名(主要経歴、住所)=功績〕
【黄綬褒章】
◇山崎文治氏((株)山忠社長、水戸市)=業務精励(内装仕上工事業)
◇馬場先貞之氏(馬場先木工所代表、ひたちなか市)=業務精励(木製建具製造業・卓越技能)
◇萩野谷泰伸氏(AE機器エンジニアリング(株)鋼構造物製品本部部品製造部作業主任、東海村)=業務精励(旋盤業務・卓越技能)
◇宮戸俊策氏(ミヤト倉庫(株)会長、古河市)=業務精励(倉庫業)
◇黒木隆秀氏(住友金属工業(株)鋼板・建材カンパニー設備部銑鋼設備室参事、千葉県小見川町)=業務精励(製銑業務・卓越技能)
【藍綬褒章】
◇幡谷勉氏((社)日本植木協会会長、小川町)=植木生産販売業振興功績

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野