業界記事

来月にも本体着工へ/総工費8億円/河内町に特養ホーム/延べ4500㎡

2005-08-20

 社会福祉法人健仁会(千葉県鴨川市、小池健理事長)は河内町に特別養護老人ホーム「(仮)千の風・河内」の建設を計画している。ショートスティを含む定員80名のRC造2階建て延べ約4500㎡規模を見込んでおり、(株)福祉開発研究所(東京都千代田区神田神保町3-25)が設計を担当。総工費は8億円程度を見込む。9月上旬の理事会を経て、早ければ同月から着工する予定。来年9月の開所を目指していく。
 建設予定地は稲敷郡河内町生板4627番地。近くを新利根川が流れているほか、周辺では町の施工により下水道工事が進められている。
 概略設計によると、施設規模はRC造2階建て延べ4488㎡。定員が入所57名、ショートスティ23名の計80名で、最近の特別養護老人ホームに相応しい全室個室ユニットを採用。このほかディサービスは20名を予定している。
 設計業務はほぼ完了しており、9月上旬には理事会を開く予定。その中で福祉医療機構や国庫補助などを含めた費用面、工事入札などについて話し合う。
 この理事会を経て入札を行う予定で、県の指導に基づいて指名し、早ければ9月にも入札を執行する。
 なお、総事業費は約10億円で、このうち工事費は約8億円を試算している。
 健仁会は、医療法人社団を母体とした社会福祉法人。医療関係では千葉県の船橋北病院や手賀沼病院、つくば健仁会として豊里病院、特別養護老人ホームでは千葉県に「千の風・清澄」を運営している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野