業界記事

優秀技術者9名に栄誉/農業農村整備研修も

2005-08-20

 県水戸土地改良事務所(庄司昭也所長)と(社)県建設業協会水戸支部(夏坂専松支部長)は18日、平成17年度「土地改良工事技術者表彰式」及び「農業農村整備事業工事技術者研修会」を水戸市青柳町の(財)県建設技術管理センターで行った。今年度の表彰では、昨年度に同事務所から発注・完成した工事127件から特に優秀な成績を収めた優良工事の施工にあたった技術者9名を選考。庄司所長は、受賞を祝福するとともに「さらに精進され、建設業発展の推進役としてご活躍を」などと受賞者一人ひとりに賞状と記念品を授与した。一方、研修会では、県水戸土地改良事務所や水戸労働基準監督署の担当職員らが講師を務め、「昨年度工事の留意点等」や「建設工事における作業の安全確保」-などのテーマについて振り返り、参加者は今後の工事施工に役立てようと真剣に聞き入っていた。
 主催者あいさつで、庄司所長は「県建設業協会水戸支部等の皆さんには、管内の農業農村整備事業の推進にあたり、特に工事面でご尽力を頂き、また、今回の茨城町の鳥インフルエンザ対策ではご協力を頂き、ご苦労さまでした」と日頃の支部活動に対し感謝を述べた上で、「今回、9件の優良工事が選ばれ、その担当技術者が表彰となり、心よりお祝い申し上げます。これを契機にさらに精進され、他の社員の模範となり、優秀な技術者の育成に貢献するなど建設業の発展の推進役として活躍して頂きたい」などと受賞者の功績を称えた。
 続いて、高安信光技佐兼検査監が選考経過を報告。
 それによると、表彰者選考にあたり平成16年度に同事務所が発注、年度内に完成した県営ほ場整備事業など14事業、33地区127件の中から審議。特に誠意を持って施工に努め、工事出来型の優秀性、施工管理の的確性、施工上の創意工夫、地元関係への対応の良さなど多方面から総合的に検討。その結果、他の模範となる優秀技術者9名を選考した。
 また、このうち(株)綿正工務店施工の「県営ほ場整備事業川又平戸地区第2号用水機場工事」が先日、県農林水産部長賞を受賞したことが披露された。
 表彰状授与では、庄司所長が壇上で、受賞者一人ひとりに対し賞状と記念品を手渡した。
 祝辞では、夏坂支部長が「受賞された方々は、日頃から一般の公共工事と違った、きめ細かな配慮の上に工事を完成され、その成果が高く評価された」と功績に敬意を表した。
 最後に(株)綿正工務店の佐藤克夫氏が受賞者を代表し「今回の受賞を契機に決意を新たに取り組んでいきたい」などと力強く謝辞を述べた。
 その後、休憩を挟み行われた研修会では、冒頭水戸地区農業土木研究会会長の犬塚卓副支部長が「本県は全国屈指の農業県であり、地産地消が叫ばれる中、今後より一層農業基盤整備を進めていくことが必要。本日の研修を今後の工事施工に役立てていただきたい」とあいさつ。
 研修では、県水戸土地改良事務所の高安信光技佐兼検査監が「工事施工における留意事項」、同事務所の黒崎晴成工務第一課長、柳橋政幸工務第二課長、飯田隆那珂川沿岸推進室長が「平成16年度工事における反省点及び留意点等」、水戸労働基準監督署の中島英明安全衛生課長が「建設工事における作業の安全確保」の各テーマについて講習を行った。
 今年度の土地改良工事技術者表彰の各受賞者は次のとおり(敬称略)。
◆佐藤克夫((株)綿正工務店)=県営ほ場整備事業川又平戸地区第2号用水機場工事
◆市村忠夫(仙波建設(株))=県営ほ場整備事業箱田東部地区第3号用水機場調整池工事
◆池沢秀之((株)大貫工務店)=県営ほ場整備事業東前地区第2工区区画整理工事
◆綿引武男(西野工業(株))=県営ほ場整備事業広浦地区第7工区パイプライン工事
◆二川祐一(大恵建設(株))=県営ほ場整備事業南川又地区第2工区区画整理工事
◆石井輝一((株)大畠組)=畑地帯総合整備事業小原地区第9工区区画整理工事
◆塩原幸親((株)豊島工務店)=水質保全対策事業上野沼地区第2工区水質浄化施設工事
◆望月猛(内藤建設(株))=地域環境整備事業美野里地区大正地池護岸工事
◆今井裕樹((株)内藤工務店)=広域営農団地農道整備事業涸沼南2期地区鶴田第3工区道路舗装工事

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野