業界記事

近く設計業者を選定/生子菅小耐震補強に向け

2005-08-18

 坂東市は、生子菅小学校の耐震補強工事実施設計業務を来月上旬から中旬ごろにも委託する見通しだ。今年度は設計の策定を進めて、順調ならば18年の夏ごろにも着工したい意向だ。実施設計費は、当初予算に生子菅小学校校舎大規模改造耐震補強実施設計委託として600万円を計上している。
 生子菅小学校(生子2219)の校舎は昭和49年の建設。建物は、敷地面積5574㎡にRC造3階建ての規模。延べ床面積は2704㎡。これまでに補修工事は実施しているものの、建物内外部で損傷が進んでいる。
 今後、9月上旬から中旬ごろにも耐震補強工事の実施設計業務を委託する見通しだ。設計策定作業は今年度内に終える予定。
 着工時期について市では、事業費の補助が得られれば来年の夏ごろにも着工したい意向を示している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野