業界記事

木曽建/末川歩道は11月発注

2005-08-11

 県木曽建設事務所は17年度、道路維持関係において4箇所の新規着手を予定している。
 新規箇所は、落橋防止の震災対策を施す南木曽町田立跨線橋(中津川山口線)、交通安全対策事業で交差点改良を予定する木曽福島町木曽病院入口(鳥居本町線)、同事業の歩道工は開田村末川(国道361号)、同じく歩道工の同旭ケ丘(開田三岳福島線)。
 このうち、交通安全対策事業の3箇所については、すでに業務発注がなされている。木曽病院入口は7月に測量と設計業務の入札を終え、末川の交通安全対策は6月に用地測量に着手した。末川では、11月にL140m規模の歩道設置工も発注予定で、事業完了予定となる18年度も同規模の工事実施が見込まれる。
 また、7月に入札があった旭ケ丘の測量設計業務の内容は、路線測量と歩道詳細設計L320m規模となっている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野