業界記事

下期に下部工発注/吉田幹線3号仲橋側道橋共和コンで設計

2005-08-11

 秩父市は、市道吉田幹線3号線仲橋の側道橋設計を共和コンサルタント(さいたま市、電話048-829-2401)へ478万円で委託した。下半期に、下部工着手を予定しており、納期は11月30日。
 側道橋の架設は、今年度採択の都市再生整備計画「旧吉田宿周辺地区」に基幹事業として位置付け。同計画では、17~19年度の期間に、事業費8000万円。また、市の過疎地域自立促進計画にも盛り込まれており、年度別事業費は、17年度1500万円、18年度2500万円、19年度4000万円としている。
 既存橋梁は、赤平川に架かっているが、歩道が無い状況。歩行者の安全確保に加え、同計画に位置付けられる遊歩道整備が赤平川左右岸に予定され、双方をつなぐ意味でも、側道橋整備が求められている。
 側道橋規模は、橋台2基、橋脚1基の2スパン。橋長44m、幅員は有効2m、欄干など含め全幅2・8m。
 先行して、地質調査を、ジオコンサルタント(さいたま市、電話048-883-7575)が担当。
 発注見通しでは、年度内の工事として、橋台1基と橋脚1基の内容。発注時期は、上半期としていおり、スケジュール通りなら早急に下部工部分の設計を仕上げていくことになる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野