業界記事

総合体育館/18億では大赤字/一般競争参加者ゼロ

2005-08-11

 和光市は10日、4回目となるダイレクト型制限付一般競争で、「総合体育館新築工事」(建築、電気設備、空調衛生設備、昇降機設備を一括)の入札を開札する予定だったが、入札参加者がゼロだったため、落札候補者を選定することができなかった。
 そこで、本紙では入札参加資格要件を満たしている数社に聞き取り調査を行ったが、いずれの社も「あの予定価格では大赤字になってしまう」との返答だった。各社の積算範囲は、27億円から30億円程度で、市の予定価格18億8496万円(税抜き)とは、相当の開きがあった。
 今後、市は発注方式をはじめ、予定価格や参加資格などを再検討し、盆明けの1週間後あたりには、新たな入札方法を決めて再公告し、できれば9月議会の請負契約承認に間に合わせたい意向。工期は19年2月28日に設定している。
 今回の参加資格は、建築の経営事項審査総合数値1000点以上、Y点(経営状況)500点以上の単体企業とし、過去10年間に10億円以上の建築一式工事を元請けとして施工した者――が条件となっていた。
 県営和光樹林公園(広沢2660-12ほか)の一画に建設する同体育館は、RC造一部S造4階建て、建築面積5284・81㎡、延べ床面積1万3050・90㎡の規模。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野