業界記事

事務次官は佐藤氏/15日付・幹部人事異動

2005-08-16

 国土交通省は、15日付で人事異動を発令し、事務次官、技監、河川局長など、幹部を交代した。事務次官は岩村敬氏の勇退に伴い、佐藤信秋・技監が昇格。技監の後任には、清治真人・河川局長が就いた。
 河川局長には、渡辺和足・関東地方整備局長が就いている。新たに関東地方整備局長に就いたのは、門松武・大臣官房技術審議官。
 総合政策局技術調査官をだった中島威夫氏が、門松氏の後任として大臣官房技術審議官に就いている。
 国土交通審議官は三沢真氏の勇退に伴い、峰久幸義・大臣官房長が就いた。峰久氏の後任は春田謙・政策統括官。春田氏の後任には、杉山篤史・鉄道局次長が就任している。
【略歴】
 ▽佐藤信秋(さとうのぶあき)
 昭和22年11月8日生まれ。47年3月・京都大学院(土木)修、4月・建設省入省。関東地方建設局北首都国道事務所長、道路局有料道路課長、道路局企画課長、大臣官房技術審議官、道路局長、技監などを歴任。
 ▽清治真人(せいじまさと)
 昭和23年9月22日生まれ。46年3月・北海道大学工学部(土木)卒、4月・建設省入省。中部地方建設局天竜川上流工事事務所長、北海道開発庁水政課長、河川局治水課長、大臣官房技術調査課長、中部地方整備局長、河川局長などを歴任。
 ▽渡辺和足(わたなべわたる)
 昭和24年5月5日生まれ。47年4月・東京大学工学部(土木)卒、5月・建設省入省。関東地方建設局利根川上流工事事務所長、大臣官房技術調査室長、河川局河川計画課長、土地・水資源局水資源部長、関東地方整備局長などを歴任。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野