業界記事

アンケート調査まとまる/建設企業のIT活用状況

2005-08-16

 建設経済研究所は11日、17年度の「建設企業のIT活用状況に関するアンケート調査」を公表した。電子入札や電子納品などへの対応状況が示されている。
 アンケートは、資本金100億円以上から200万円未満の建設企業を対象に行ったもの。資本金20億円以上の企業は全社に、20億円未満の企業は資本金階層別に無作為抽出して、発送した。発送数は2000件で、回収したのは487件(回収率24・4%)だった。
 結果によると、電子入札は77・9%が対応しており、「対応していないが計画中」の企業を含めると、ほぼすべての企業が対応する予定でいることが分かった。
 電子納品については、対応している企業が54・4%。計画中も含めると約80%の企業で対応が進められており、中小企業にも急速に浸透している。
 電子調達は、資機材関連の場合で6・1%、専門工事業募集の場合で4・2%の実施。資本金20億円以上の企業で行われている。
 協力会社とのネットワークを構築しているのは5・5%。資本金100億円以上の大企業でも33・3%で、ほとんど進展していないことが分かった。逆に「検討中」の企業が16年度の60%から31・3%へと半減しており、ネットワーク接続について見直しを図った企業が多いことがうかがえる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野