業界記事

今年度は清里駅西上線着工/5か年で駅前広場やアクセス道路

2005-08-09

 北杜市は、国土交通省のまちづくり交付金を受けて、21年度までの5か年の計画で、清里地区の拠点となるJR小海線清里駅前広場やアクセス道路等の整備を進める。今年度は事業費約2億円で(仮称)市道清里駅西上線(L130m)の拡幅等工事(W6m・歩道2m×2)を実施するほか、駅前多目的広場(6621㎡)の整備に伴う用地買収などに取り掛かる予定。清里西上線の整備工事については、今後、測量設計等の業務を委託し、作業を進めるが、工事着手は早くても年明けてからになりそうだ。
 同事業は、観光地「清里」の拠点となるJR小海線清里駅と同駅周辺の活性化に向けて、駅前広場の整備や周辺アクセス道路等の整備を計画するもの。駅前広場(6621㎡他)については、駅前に既設のバス広場機能を移転させ、「清里の顔」として多目的広場を整備。現在、袋小路となっている駅前広場を一方通行のロータリーに変更する。また、現在、駅舎と商店街の高低差が約6mあるため、駅前広場の高さを下げることで、スムーズな歩行導線を確保する。多目的広場等の用地はJRや県の所有地となるため、今年度に用地契約に向けた交渉を進め、来年度以降に工事に着手していく。
 同事業では、このほか市道清泉寮線(L190m、W6+2m)、(仮称)市道駅前吐竜の滝線(L1600m、W6m)、吐竜の滝駐車場(900㎡・30台)、エントランス緑地(250㎡)の整備や、国際化統一サイン計画(24箇所)などが計画される。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野