業界記事

南高等養護学校校舎/2者JVで設計公告

2005-08-08

 県都市整備部は8日、「南高等養護学校(仮称)校舎他改修及び増築等建設工事設計業務」を一般競争入札で公告する。県内業者で一級建築士3人以上を保有する者を代表者に2者のJVとする。9月9日に入札する。同校は、さいたま市桜区に整備し延べ床面積2317㎡の実習棟新築に加え、管理教室棟の耐震補強設計、管理教室棟の全体改修設計などを手掛ける。4学科8コースを設置し就労に結びつくような幅広い学習コースを設定したことが特徴。
 入札参加資格は、業務中に3人以上保有できる県内業者または個人で過去10年間で学校の増築・改修、新築設計などを履行し耐震補強設計なども請け負ったことがある者を代表者に、県内業者で過去10年間で1件1000万円以上の委託業務を履行し、学校の新築、ぞうん移築、改修設計を手掛けた者1者の2者によるJVとする。
 今後のスケジュールは今日8日に一般競争入札の公告、19日と22日の2日間に入札参加資格確認申請、26日に確認通知、9月9日に入札執行する。履行期限は18年3月17日に設定。設計金額は2550万7650円。工事は18年度に実施し、19年4月に開校を予定。
 建設地はさいたま市桜区上大久保519(旧県立衛生短期大学跡地)。設計概要は、管理教室棟他耐震補強設計(延べ床面積6706㎡)、管理教室棟他全体改修設計(同6706㎡)、実習棟他増築設計(同2317㎡)、旧研究棟他解体設計(同1763㎡)、さらに駐車場、テニスコート移設、植栽などの外構設計。
 諸室の具体的な概要を見ると、実習室は各設置学科コースに合せた施設を整備し2学級16人で安全に活動できるスペースをとる。インテリア室は加工の行えやすい頑強な実習台を設置し、機械の電源は集中的に管理できるようにする。その他、パン工房、フードデザイン室、服飾デザイン室、福祉実習室、環境実習室などもすべてバリアフリーで衛生面・安全面、使いやすい設備に配慮されている。
 また生活ホーム棟はワンルーム型4室、指導員室、食堂兼地域交流スペース、湯沸し室、男女別のトイレなどを整備する。
 同校は生産技術、家政技術、工業技術、環境・サービスの4学科8コースを設置し第3次産業への就労を目指し開校させる。
 なお、電気および機械設備設計は後日設備課が発注するもよう。
 入札公告の問い合わせは営繕課企画担当の鹿島氏(電話048-830-5619)まで。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野