業界記事

大久保組らが受注/分庁舎整備改修工

2005-08-05

 渋川市財政課は、このほど(仮称)渋川市役所分庁舎整備事業の入札を行い、建築を大久保組(7770万円)、電気設備工事を上毛電業(1億250万円)、空調調和設備工事を日本燃設(1億1000万円)、給排水衛生設備工事を石原工業(2370万円)、解体工事を兵藤工務店(1498万円)がそれぞれ落札した。
 同事業は昨年度、旧ジャスコ渋川店跡地(大石2604-2他)を同市が取得したことから計画され、これまで施設の活用方法や詳細を検討してきた。工事は、2階を中心に、アウトラインを残しての大規模改修となり、1階部分は、出入り口の整備や管理事務所などを設ける。構造や延べ床面積等は既存施設と変わらず、屋上駐車場もそのまま利用するため、規模は既存施設同様、RC造2階建て延べ床面積1万1490・53㎡(1階5756・36㎡、2階5734・17㎡)。また、駐車場スペースは、約230台分を確保する。
 内部は「市民が気軽に立ち寄れる場所」をコンセプトに、1階をショッピングゾーンと多目的ゾーン、ふれあいゾーンに分け、2階を庁舎ゾーンとふれあいゾーンを配置する。2階の庁舎ゾーンは、合併後の新組織となる建設部、水道部、教育部の3部が移転する予定。また、1階のショッピングゾーンには、民間店舗の公募を検討、また多目的ゾーンにも外郭団体を誘致する計画。
 同施設は、市役所通りの北側に位置しており、建物等は解体されず、そのまま残されていた。同市では、合併を控えており、事務所スペース確保のため、不動産競売となった同施設を昨年2億1300万円で購入。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野