業界記事

JV編成決まる/あずま保育園

2005-08-05

 (仮称)あずま保育園の建設を計画している勢多郡東村生活課は、建設工事の入札日を29日に決め、予備指名を通知し代表5社、構成員5社の計10社を指名。これまでに2社JVの編成は桐生建設・前原工務店JV、平沢建設・遠藤建設JV、坂本建設・越健建設JV、島田建設・高畑建築JV、野村建設工業・小林建築JVに決まった。今後は入札後、臨時議会を開催し承認されれば9月上旬にも着工して、18年4月の開園を目指す。
 同事業は、神戸地内にある定員60名の中央保育園が一時定員を超えたことなどから計画が浮上。建設場所は、旧花輪小学校の校庭西側。新施設は、自然環境下での健康的な保育を目標とし、大間々町や黒保根村などの村外からの入園も受け付ける考え。規模は、S造(一部W造)平屋建て、延べ床面積549・7㎡で、定員は45人となっている。内部は、骨組みを鉄骨造で建設し、その他は木造を多く使うことにより、木のぬくもりを感じられる作りを目指す。実施設計は西岡設計(太田市藤阿久町749-8電話0276-31-2771)が担当している。
 今年度の当初予算には、工事費1億6000万円を計上した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野