業界記事

9月にも設計を委託/工事は10月頃発注へ/奥平地区農道

2005-08-06

 今年度からの新規事業として奥平地区農道改良工事に着手している新治村農村整備課は、国の交付決定を待ち、9月中旬にも設計を県土地改良事業団体連合会(前橋市箱田町350電話027-251-4105)へ委託する方針。工事については、10月にも発注する計画。
 同線は、入須川地内を走る村道大影秋鹿線から分岐した路線で、全体延長約1900m。そのうち今年度は、延長約400m区間を対象とし、幅員4mを幅員5mへ拡幅する。全体完成は、19年度を見込む。
 同線は、幅員が狭く、営農に支障をきたしていることから計画。同線を広くすることで、農業用機械の行き来、搬入をスムーズにし、農業の生産性向上につながると期待されている。
 調査業務は、県土地改良事業団体連合会が担当した。
 当初予算では、設計費、用地買収費、工事費を含め5000万円を計上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野