業界記事

建築は一般競争で発注/第一中学校の2期改築工事

2005-08-05

 東茨城郡大洗町は、昨年度から進めている第一中学校改築事業で、2期工事となる音楽室・格技場等改築工事に9月議会を目途に着工するため、現在、工事発注に向け準備作業を進めている。予定では、本体工事を建築・電気・機械に分離し、今月中旬にも建築工事に係る一般競争入札を公告する見込み。この他の電気設備、機械設備の各工事についても、時期を合わせて指名競争入札で発注するもようだ。
 この第一中学校改築事業は、町の平成16・17年度の目玉事業として、校舎など施設老朽化に伴い、磯浜町地内の現敷地内での全面的な改築が進んでいる。
 昨年度から第1期工事の校舎棟の建設工事が着工。工事は3工種に分離発注され、建築は鹿島・株木・大貫特定JV、電気設備は泰明電設(株)、機械設備は高橋商事(株)がそれぞれ施工担当している。
 今年度に入り、校舎棟工事が9月末まで、既存校舎の解体工事も含めた第1期工事の全工程が完了するのが11月末となる見通しとなった。
 町では、工事の進捗状況をみながら、引き続き第2期工事の音楽室・格技場等の整備工事に着手したい考え。
 音楽室・格技場等はRC造(一部S造)平家建て(一部2階建て)延べ1256㎡で計画。
 本体工事は、1期工事と同様に建築・電気設備・機械設備の3工種に分離する。
 このうち、建築工事は今後、9月議会を目途に一般競争入札で発注するため、今月中旬にも公告されるもようだ。
 また、電気設備及び機械設備の各工事についても、これに併せて指名競争入札で発注する見込み。
 工期は、今年9月初旬から来年3月下旬までで、平成18年4月から供用開始する。
 このほか、関連工事としては、音楽室等防音併行機械設備工事を10月上旬にも指名競争入札で発注を予定。一部残る外構工事は平成18年度事業で整備するとしている。
 なお、今年度の事業費は、町の今年度当初予算に工事費11億8384万円、備品購入費に9000万円を計上している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野