業界記事

今年度は4700mを布設/公共下水道/浄化槽含め18億円投入

2005-08-05

 結城郡八千代町は、地域再生計画を活用しての汚水処理施設整備事業について、今年度は公共下水道の管路布設工事を延長約4700m実施する計画だ。順調ならば、来月から順次発注していく見通しとなっている。事業費については、個人型浄化槽の整備も合わせて平成21年度までに18億5394万円を見込んでいる。このうち、今年度の事業費は約6億円となっている。
 整備地区は、東蕗田地区と若地区を中心に進めていく。地域再生計画では、平成21年度までに公共下水道整備事業で総延長2万7458m(φ75~600mm)の管路布設工事を実施する。また、浄化槽(個人設置型)の整備も行っていく。
 このうち、今年度の管路整備については、延長約4700mを実施する計画となっている。
 今後、工事の工区割りなどを行い9月から順次、発注していく見通しだ。工事期間は今年度末までをみている。
 浄化槽(個人設置型)の整備も今年度約30基を設置する見通しだ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野