業界記事

久留里、広岡2工区で用買促進/国道410号の道路改築事業

2005-08-04

 県君津幹線道路建設事務所は、国道410号の道路改築事業について、久留里工区と広岡工区の2工区で事業を進めているが、今年度は2工区とも事業費が1億円を切る状況のため、用地買収を中心に事業を進める。久留里工区は未買収区間を重点的に買収する。また広岡工区は、ほぼ工区全線で用地取得を完了しているが、一部未買収地があり、用地を取得する。
 国道410号の久留里工区は、君津市久留里地区で人家が連担し幅員狭小のため交通渋滞が著しい現道のバイパスを建設することにより、市街地等の交通量の混雑緩和や歩行者の安全を図る目的で計画。バイパスの建設は既存道路との分散化が図られ、地域の活性化にもつながる。同工区の事業個所は君津市久留里地先で延長6600m、幅員6.5m(全幅14.5m)、3種2級、設計速度60km/h。総事業費は約85億310万円、事業期間は96-2010年度。
 一方、広岡工区は、幅員狭小でカーブが多いため、乗用車のすれ違いが困難な現道のバイパスを建設することにより、円滑な交通の確保と歩行者の安全を図るを目的で計画。事業個所は君津市大坂地先で、延長2530m、幅員6.5m(12.0m)、3種2級、設計速度60km/h。総事業費は約53億5000万円で、事業期間は89-07年度。昨年5月に館山側500mで一部供用を開始した。
 同工区では久留里1号橋、同2号橋、同3号橋、同4号橋、久留里1号跨道橋の5橋を計画している。このうち昨年度までに1-4号橋の4橋の予備設計を完了している。詳細設計については、着工のめどが立った段階で着手する。
 久留里1号橋は建設地が君津市末吉地先で、御腹川をまたぐ橋梁。橋梁の規模は橋長34.1m、総幅員17.8mの1スパン。橋梁の形式はPCポステン単純バルブT桁の計画。予備設計は日本シビックコンサルタント(本社:東京都荒川区西日暮里2-26-2)が担当。
 久留里2号橋は建設地が君津市上新田地先で、1号橋から鴨川市寄りの普通河川に架設する。橋梁の規模は橋長41.1m、総幅員14.8mで、1スパンの計画。形式はPCコンポ桁の計画。
 久留里3号橋は建設地が君津市青柳地先で、小櫃川に架設する。規模は橋長80m、全幅員14.8mの予定。予備設計は東京エンジニアリング(本社:東京都江東区東陽3-23-22)が担当。
 久留里4号橋は建設地が君津市芋窪地先で、谷津を横断する橋梁。規模は橋長約160m、全幅員14.8mの予定。予備設計は構造計画コンサルタント(本社:東京都豊島区巣鴨3-34-1)が担当。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野