業界記事

9月に施設機能まとめ/福岡中央公園の拡張整備

2005-08-04

 上福岡市は、福岡中央公園拡張整備について、市民らで構成する検討委員会で協議中。既に6月10日、7月15日と2回話し合いの場を設けており、次回9月16日に開かれる第3回では、施設機能などを固めたい考え。
 設計業務は、日立建設設計(千代田区、電話03-5211-0890)が担当。同社は、検討委員会にも加わっており、第2回会議では、3つの施設配置案を提出。詳細は明らかになっていないが、イベント広場、芝生広場を中心に異なるパターンで示したもよう。
 3案は、あくまでも参考例として、検討委員会で協議。今後内容を吟味した上で、施設機能を決定する。
 福岡中央公園は、上野台団地の横、都計道桜通り線に面した細長い形状。既存面積1・25haで、区域を拡大し、面積約3・3ha規模になる。
 拡大部分は、上福岡駅前交差点側、都市機構との用地交換で確保する2ha。整備は、オープンスペース、市民交流の場として整備。そこに、各種イベントに対応できる多目的野外ステージのようなものをイメージしている。
 現段階でのスケジュールは、今年度の基本設計後、18年度に用地買収、19年度実施設計、20年度の工事。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野