業界記事

候補地は柿木町内/知的障害者の入所施設

2005-08-03

 知的障害者入所更生施設の建設を計画する草加市が、柿木町地内を建設候補地としていることが明らかになった。このほど公表した公共施設配置計画の中に盛りこまれたもの。敷地面積は4000~5000㎡を見込み、施設の建設主体・運営主体は、民間法人を募集する。建設地の決定後は、用地の取得とともに基本構想の策定作業へと移り、19年度完成を目指す。
 基本構想の策定にあたっては、討委員会から提出された基本計画がもととなる。
 基本計画による施設計画は、施設定員50人、在宅支援機能としてショートステイ6人やデイサービス15人、強度行動障害2室や24時間体制の相談業務などに加え、地域交流センターの併設などを挙げた。
 早ければ年度内の運営法人の募集および決定もありそうだ。
 同施設は、第3次総合振興計画前期基本計画(13-17年度)にも盛り込まれたほか、将来的な定員枠の不足、通所施設利用者の保護者の高齢化などから、早期の整備が求められている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野