業界記事

蕨署は埼玉建興JV/新方式の一般競争13件

2005-07-29

 県入札企画室は28日、県職員会館で13件の一般競争入札を執行した。当日の入札は、急遽県では初めてとなる言わば「エントリー工事指名事後公表型一般競争入札」で行った。中でも「蕨警察署庁舎新築工事」は埼玉建興・ユーディケー・ニッケン建設JVが16億1000万円で、また、下水道の水処理築造基礎工事の4件はユーディケーJVらが落札した。
 県における一般競争入札は、通常入札参加指名確定通知後に各工事ごとの指名業者が公表される。しかし、今年3月の企業局所管工事での談合通報や道路公団の鋼橋談合事件などから今回、指名業者をそのまま公表することをせずに指名確定通知対象業者120者を公表することにとどめた。この措置でどの工事にどの業者がエントリーしたのかは公表していないため、指名業者公表と指名業者事後との間を取る、緊急的な措置となる格好だ。
 13件の入札は、午前9時20分の蕨警察署庁舎新築工事を手始めに一気に執り行った。蕨警察署庁舎新築工事は県内業者のみの3者構成のJVで14JVがエントリー。その結果、埼玉建興JVが16億1000万円で落札。
 また、県内業者だけのJVとした水処理築造基礎工事の4件はユーディケーJV、三ツ和JV、関口JV、初雁JVがそれぞれ落札した。
 詳細については本日付け入札結果面参照。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野