業界記事

指名競争で再入札も/発電所遮断機更新で

2005-08-02

 県企業局発電課は、7月25日に入札執行した田口発電所(水路式)と白沢発電所(ダム水路式)の遮断機の更新工事が不調に終わったことを受け、指名競争入札による再執行を軸に、今後の対応を協議している。
 同設備は、一時的に電力を遮るための電気設備機器で、老朽化により更新するもの。既存の形式は油型だが、新たに設置する設備はこれまでに更新したタイプと同様に現在主流となっているガス型を採用する。油型に比べると、コンパクトで、絶縁能力もアップする。
 発注にあたっては企業局が今年度から公募型指名競争の対象とはならないが概ね5000万円以上の工事を対象に試行的に導入している事後審査型一般競争入札を導入したが不調に終わった。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野