業界記事

今月下旬に本体工/地蔵の湯移転工事

2005-08-02

 地蔵の湯の移転新築工事を計画している草津町企画創造課は、今月下旬にも建築本体工事に着手する。また、それに伴い近く既存施設の解体工を発注する見通し。
 設計は、西池工業(草津町464-367電話0279-88-3488)が担当した。
 工事は、現在の施設の移転新築を図るもので、場所は既存施設の道路を挟んだ向かい側の町有地に建設。新施設の規模は、W造平屋建て延べ床面積約170㎡となる見込みで、内部には、既存施設同様の男湯、女湯、時間湯3種類を配置する。なお、現有施設の解体後は、広場とする方針で、18年度に整備を実施する。
 同事業は、施設の老朽化が進んでいることや町の活性化を図るという点から計画が浮上したもので、既存施設は、47年に建設。規模はW造平屋建て延べ床面積約95㎡となっており、新施設同様、男湯、女湯、時間湯が設置されている。
 当初予算には、まちづくり事業地蔵の湯敷地造成工事費1150万円、建設工事費7350万円が計上されている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野