業界記事

新渋川庁舎別館改修・負担金3000万円/7月補正の編成

2005-07-29

 伊香保町(村尾?史町長)は、臨時会を開催し、可決となった7月補正予算を明らかにした。
 それによると、既決一般会計予算額に3112万5000円を追加、歳入歳出の総額をそれぞれ24億4096万9000円とした。
 建設関連項目としては、総務費に落石防護ガード設置工事費94万5000円や新渋川市庁舎別館改修費負担金3000万円が計上され、消防費に構築物等修繕費18万円が盛り込まれた。
 新渋川市庁舎別館改修については昨年度、渋川市が旧ジャスコ渋川店跡(大石2604-2他)を2億1300万円で購入したことから計画が浮上。「市民が気軽に立ち寄れる場所」をコンセプトに、1階にショッピングゾーンと多目的ゾーン、ふれあいゾーン、2階へ庁舎ゾーンとふれあいゾーンを配置するもので、2階の庁舎ゾーンは、合併後の新組織となる建設部、水道部、教育部の3部が移転する方針。また、1階のショッピングゾーンには、民間店舗の公募を検討、さらに多目的ゾーンにも外郭団体を誘致する計画だ。
 規模は既存施設同様、RC造2階建て延べ床面積1万1490・53㎡(1階5756・36㎡、2階5734・17㎡)となり、駐車場スペースについては、約230台分を確保する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野