業界記事

17年度県木造住宅耐震診断士養成講習会/定員350名で受講無料/建築指導課

2005-08-03

 県土木部建築指導課は、平成17年度の「県木造住宅耐震診断士」養成講習会の受講者を募集する。募集人員は350名(無料)で、講習会は9月29日につくば国際会議場で開催する。申し込みは8月24日までだが、定員になり次第、締め切る。
 県では、新耐震基準が適用された昭和56年よりも前に建築された木造住宅の耐震性能をチェックする「木造住宅耐震診断士」の養成を昨年度から進めている。
 昨年度は第1回認定書交付式を行い、160名の診断士を認定している。
 今年度も診断士の養成講習会を開催して、認定する予定。
 講習会の内容や申し込み方法などは次のとおり。
◆日時=17年9月29日(木)午前9時50分~午後4時45分(予定)
◆場所=つくば国際会議場(つくば市竹園)
◆募集人員=350名
◆注意事項=多数の申込みが予想されるので、募集状況により1建築設計事務所あたりの人数を制限する場合がある、申込み者が募集人員を超えた場合は、地域性等を考慮のうえ受講者を決定する。
◆受講料=無料
◆講習会カラキュラム
 <1>主催者あいさつ=県土木部建築指導課技監兼課長の小笠原正裕氏
 <2>総論・一般診断法=東京大学大学院工学系研究科の坂本功教授
 <3>精密診断法・補強方法=独立行政法人建築研究所構造研究グループ長・岡田恒氏
 <4>例題演習=東京大学大学院工学系研究科助教授の腰原幹雄氏
◆受講要件=受講対象者は、次の<1><2>いずれにも該当する者とする。
 <1>一級建築士資格取得後5年以上経過した者、二級建築士又は木造建築士資格取得後10年以上経過した者。
 <2>県内で建築士事務所登録を行った建築設計事務所等に勤務する者。
◆申し込み方法
 受講申込書に必要事項を記入のうえ、80円切手を貼り宛先を記入した定形の返信用封筒1通を同封して、8月24日までに申込先あて郵送する。締切日前でも定員に達し次第、締め切る。受講決定者は事務局から受講券を郵送する。
◆申込書提出先=(社)県建築士会。〒310-0062水戸市大町3-1-22県建設センタービル3階。電話029-226-0329。
◆受講後の手続き等
 <1>受講修了者は、希望者に限り「県木造住宅耐震診断士」の認定手続きのうえ、「県木造住宅耐震診断士」認定者名簿に登録(一般公開)し、市町村等が実施する耐震診断業務(診断費用3万円/戸想定)に協力してもらう。名簿には、氏名、建築士種別、勤務先名・所在地・連絡先・事務所登録番号を記載する。
 <2>「県木造住宅耐震診断士」への認定は、今回の講習会受講者のほか、(財)日本建築防災協会が開催した「木造住宅の耐震診断補強方法講習会」を受講終了した人も対象とする。
 <3>診断士の認定有効期限は5年とし、認定者には登録証を発行する。
◆問い合わせ先
 <1>県土木部建築指導課建築グループ(中山)=電話029-301-4727
 <2>(社)県建築士会=電話029-226-0329

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野