業界記事

阿智村の3箇年実施計画/資料館や交流施設を

2005-07-30

 下伊那郡阿智村が17~19年度実施計画をまとめた。3箇年の事業費総額は34億8168万円。資料館や交流施設などの建設を主に19年度に行なう予定。最終処分場設置については19年度に基本設計を掲げている。同村は18年1月に浪合村と合併を予定しているため、18・19年度の事業は新村で対応することになる。
 道路は、三遠南信アクセス道関連で18年度の七九里地区取付道路L134m整備に5000万円を試算。2-16号線園原は18年度のL100m改良に1000万円を見込んでいる。戸沢地区の2-17号線L1000m舗装を19年度に予定、1700万円を設定した。
 通信関連では、防災無線の固定親局設備改修実施設計が今年度。18年度の移動局改修は2億7000万円を見積もっている。
 福祉では、宅老所開設を17・18年度で計5000万円を投入する。18年度の生活支援ハウス(A300㎡)には5500万円を設定。
 最終処分場設置事業については、18年度に候補地選定・基本計画・環境アセスメントを推進する。19年度は基本設計及び環境アセスメントを予定。
 資料館建設事業では18・19年度合わせて2億9100万円を試算。スポーツクラブハウス建設は19年度に4970万円。同年度の農業交流施設建設に3億6000万円を予定。
 教育関連は、第一小及び第二小で今年度耐震診断。結果によっては18年度以降に補強工を行なう。中学校については改築を計画。19年度の設計には6150万円を見込んでいる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野