業界記事

年度内に基本構想策定/子育て・発達支援の複合施設

2005-08-01

 子育て支援センターと発達支援センターで構成する複合施設の整備を計画している草加市は、市民から広く意見を求め、年度内に基本構想をまとめる考え。松原地区を建設候補地に掲げ、施設や駐車場を含め必要敷地面積2000㎡以上を見込む。18年度以降は、都市再生機構による草加松原団地建替え計画の進捗に合わせ、事業を推進する。
 現時点での子育て支援センターの基本機能としては、<1>子どもを中心とした遊びの場<2>親と子、保育者と子ども達の交流の場<3>相談助言の場<4>保健センター的機能を有する場<5>学習の場――を想定している。
 一方発達支援センターでは、知的障害児などの個別指導や機能訓練、グループ指導などを行う。導入機能としては、理学療法、作業療法、心理療法などの個別訓練や発達・発育、療育に関する相談指導、保護者へのサポートとして情報交換などが挙げられていた。
 基本構想の策定にあたっては、子育て支援ネットワーク推進会議からの提言をタタキ台とする。
 市内の子育て支援に関する施策は、育児相談や乳児と幼児の親子教室を保育園や児童館などで実施している状況。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野