業界記事

美麻村の5箇年実施計画/ぽかぽかランド改修や防災無線

2005-07-27

 北安曇郡美麻村は、平成17年度から21年度までの実施計画を策定した。18年1月1日の合併を控え、計画内容の多くが新大町市に委ねられるかたちとなるが、5箇年の概要事業費の合計は26億3090万円に及んでいる。
 各年度別の事業費を見ると、17年度=2億320万円、18年度=2億1460万円、19年度=5億1560万円、20年度=8億9350万円、21年度=8億400万円となる。後半2箇年には、箱もの関連等の計画が組み込まれ、事業費のうえでは群を抜いている。因みに、合併協議会がまとめた新市まちづくり計画による歳出合計は、20年度が153億7000万円(普通建設事業費12億9300万円)、21年度が153億7100万円(同11億2300万円)。
 20~21年度に組まれた大型事業は、ぽかぽかランド美麻の改修や防災行政無線更新、公営住宅の建替えなど。
 ぽかぽかランド改修には2箇年に5億円の事業費を見込んでいる。併せて、道の駅を含んだ整備検討委員会の設置も計画されている。無線更新には事業費1億円を2箇年に投入の構え。公営住宅は19年度からの着手の見通しを立てており、21年度まで各年度に5000万円を充てるとしている。
 さらに、老人福祉の共同生活住宅建設等についても、20~21年度に事業費4000万円を試算している。
 基盤整備は農道で11路線、林道は7路線、村道については20路線の計画が盛られている。このうち、村道総合福祉センター線には事業費7億円をこの5箇年に見込んでいる。17年度当初予算には同線先線新設における測量や設計費を計上しており、18年度から着工の見通しとなっている。また、林道日向林線開設は20年度からの着手を目指す。
 このほか、地上波デジタル放送に対応するためのケーブルネットワーク増強(20年度に事業費1500万円)、移動通信の利用困難地域解消目的の鉄塔整備(19年度に事業費1500万円)、浄化槽設置(助成・5~50人槽50基)、旧中村家屋根改修(20年度に事業費1000万円)などの計画が挙げられている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野