業界記事

下部温泉新たな源泉掘削へ/臨時補正で工事費9135万円

2005-07-28

 身延町は26日に臨時町議会を開き、今年度一般会計予算に9891万円を増額する補正を行った。今補正では、下部温泉に新たな源泉の掘削に着手するための掘削工事費(9135万円)を盛り込んだ。同工事について町の計画では、来月中旬をメドに工事業者を選定し、9月中旬頃からの掘削工事着手を見込む。工期は来年1月末までを設定。工事の発注形態は未定で、現在検討している。温泉掘削に成功すれば、湯量が減少している下部温泉郷への温泉の供給を図るが、湯量の減少や成分変化など既存の源泉への影響を調査しながら工事を進め、影響が確認された場合は工事を中止する方針。
 掘削場所は下部温泉の北側約1・2kの湯町農村公園東側。ロータリー工法(ノンコアボーリング、垂直掘削)により1500mまで堀り進める計画。新源泉については、温泉の不当表示問題などを踏まえ、旧下部町が昨年2月に掘削を計画していたが、既存の源泉への影響を懸念する地元旅館などの反対で計画を見合わせていた。
 なお、同設計業務は合併前の旧下部町で、中央温泉研究所(東京都豊島区・TEL03-3987-0751)が担当。
 建設関連予算の概要は次のとおり。(単位千円)
〈一般会計〉
【総務費】
◆企画
◇委託(温泉影響監視、温泉掘削監理)7、560
◇工事(下部温泉掘削)91、350

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野