業界記事

8地区ごとに/まちづくり計画まとめ

2005-07-28

 飯能市はこのほど、地区別まちづくり計画策定をぎょうせいに180万円で委託した。対象は市内の全8地区。地区別の独自性を持ったまちづくり指針を打ち出す。
 まちづくり計画は、第3次総合振興計画に位置付けられ、名栗村との合併前の7地区(飯能、精明、加治、南高麗、吾野、東吾野、原市場)で市民中心の推進委員会を立ち上げて、まとめた。
 これに名栗地区が加わったため、これまでの計画を見直す。
 内容は、行政主導ではなく、市民主体による主にソフト面づくり。これを市が後押しするかたちをとる。具体的には、飯能地区では、河原の利用に関するルールづくりなどを盛り込んでいる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野